【バンコク】定番の観光スポット!超豪華なタイの三大寺院

タイ

こんにちは!SHOTAです!
今日は久しぶりに僕の旅ストーリーを進めていこうと思います!
前回のタイへの到着からかなり期間が空きましたが、今回はタイ・バンコクの三大寺院をメインに進めていきます

プロフィールはこちらです

三大寺院は、バンコクの観光スポットである
・ワットプラケオ-Wat Phra Kaeo
・ワットポー-Wat Pho
・ワットアルン-WatArun
の三つの寺院のことです
それぞれ三寺院ともバンコクの中心街にあり、アクセスもいいので1日あれば回ることができます

タクシーを使えば一瞬でいけちゃいますが、極力お金は使いたくないし、ぼったくられるのも嫌
ということで僕は徒歩で行きました
結構歩きますが、全然徒歩でいけます
ちょっとレベルは高いですが、バスを使うのもいいと思います
バンコクのバスはめちゃくちゃ安いのでおすすめです
数バーツで行けちゃうのでバンコク内を移動する時には重宝します

三大寺院を回るときに注意しておかなければいけないことが、服装です
タイではお寺は神聖な場所になるので、短パンやノースリーブ、サンダルなどのラフすぎる格好でいくと止められてしまう可能性もあります
僕は、長ズボンにTシャツ、スニーカーで行きました

まず、最初に向かったのはワットプラケオ

ワットプラケオは、タイ王宮の中にある代表的な寺院です
別名エメラルド寺院
本堂にある仏像がエメラルド色のことからエメラルド寺院と呼ばれているみたいですが、写真撮影はNGみたいです

入場料 500バーツ(約1700円)

とても細かな装飾が施され、青色と金色がめっちゃ綺麗
映えスポット確定

一つ一つの装飾がとても豪華で、日本のお寺とは全くの別物に感じます

絵画にも金が使われていました

アクセス

続いて、ワットポー

ワットポーといえば、黄金に輝く超特大の涅槃仏が有名です

入場料 200バーツ(約700円)

入場料を払い、入り口へ行くとチケットを確認するおばちゃんに何やらタイ語で話しかけられるSHOTA
チケットのことで何か言われてる雰囲気
もしやと思い

SHOTA
SHOTA

わし、日本人やで

といったところ、

おばちゃん
おばちゃん

Sorry!!!(爆笑)

どうやら、「タイ人はタダやのに何で金払ってんねん」とタイ語で言っていたっぽく、タイ人と間違われていたみたいです(笑)
日本人にしては肌が黒い方だとは自覚していましたが、まさかタイ人にタイ人と間違われるとは思ってもいませんでした
少しショックでした

ワットポーはタイ古式マッサージの総本山でもあり、寺院ないでマッサージを受けることもできます
旅の疲れを癒すのに少し寄ってみてもいいかもしれません

絵画の修復が行われていました
すごい細かな作業で、少し見入ってしまいました

本堂を囲む回廊には、黄金の仏像がずらっと並んでいてすごい迫力
この写真は結構お気に入りです

この4つの塔は、タイの歴代国王のお墓みたいでそれぞれ色も違います
タイ人の色彩感覚の素晴らしさに驚かされるばかりです

アクセス

最後に、ワットアルン

ワットアルンは、チャオプラヤ川のほとりにあり、川を挟んでの景色がとても綺麗でした
ワットアルンに入るには、このチャオプラヤ川を水上バスで越えて行きます
夕焼けやライトアップが美しい寺院として有名で、「アルン」とは「暁」という意味があるそうです

入場料 50バーツ(約170円)
    無料スペースあり

真っ白な塔が夕日に照らされ、オレンジ色に染まっているのがとても綺麗でした
川を挟んでの景色も綺麗でしたが、写真を撮るのが難しかったです

ワットポーの北にある通りを川方向へまっすぐ進むと水上バスの駅が見てきます
料金 4バーツ

タイの三代寺院、どうだったでしょうか
タイは日本と同じ仏教ですが、日本人とは違う部分が多くあったのではないでしょうか
カラフルで豪華な装飾には、さすがタイだなと感じました
タイを訪れた際には、外せないスポットです

次回は、インスタ映えで有名な”ワットパクナム”
バンコク市内から少し外れた位置にあるので、そこなでの行き方を中心に紹介していこうと思います

ということで、今日もありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました