【5カ国目】UAEアラブ首長国連邦ってどんな国?

UAE

こんにちは!SHOTAです!
今回は5カ国目UAEについて、皆さんはどう思いますか
石油王、金持ちの国といったところでしょうか
まさにその通りです

正直、貧乏バックパッカーには厳しい国でしたが、一度は行ってみたいですよね
と言うことで、気候や通貨、その他もろもろどんな国なのか紹介していきます

僕のプロフィールはこちらです

基本情報

中東の国の一つで、世界でも有数の観光大国

UAEといえば、ドバイの印象が一番強いが、「アブダビ、ドバイ、シャルジャ、アジマン、ウム・アル・カイワイン、フジャイラ、ラス・アル・ハイマ」という7つの首長国からなる連邦国家で、首都は「アブダビ」

まずは、通貨や気候などの基本情報を紹介してきます

通貨

地球の歩き方 から引用

ディルハム(Dh)
 紙幣と1Dhコイン
フィルス(Fils)
 50Filsと25Filsの二種のコイン

1Dh = 100Fils ≒ 約31円(2022年1月現在)

普通に生活する分には物価はそこなで高くありません
逆に日本より少し安いくらい

ですが、旅行者に対しては、がっつりお金をとっていくスタイル
ホテルやツアー、アクティビティには結構お金がかかります

気候

年間を通してほとんど雨の降らないUAE
4〜10月にかけては、平均気温が25℃以上となり、最も暑くなる8月の最高気温は40℃を越える
日本と同じく、夏は非常に蒸し暑くなります

11〜3月にかけては最高気温は20℃前後となり、乾燥した日が多く、夜は肌寒くなる
観光するには7・8月辺りを避けていったほうが快適に過ごせそう

whether spark から引用

アクセス

日本からの直行便は、関空、成田、羽田、中部からアブダビ、ドバイに出ています
航空会社は、エミレーツ航空とエティハド航空の2会社
所要時間は、11〜12時間程度

直行便の他に乗り継いでいく方法もありその方が安かったりします
いわゆるトランジット
乗り継ぎの間、立ち寄った場所も観光できて飛行機代を安くできたら一石二鳥ですね

治安

僕自身、ドバイを訪れて危険を感じたことはありませんでした
街では子供たちが道端でサッカーしていたりと安心して過ごすことができます
夜も特に危ない印象はありませんでした

ですが、UAEに暮らすほとんどの人がイスラム教徒のため、体の露出は最低限に抑えておきましょう

その他旅情報

現地での移動手段

タクシー

初乗り 12Dh(空港からの場合は25Dh)

比較的安く利用することができるタクシー
ぼったくりの情報などはあまり聞いたことがありません

ただチップの習慣もあるので、少し多めに言われることもあるかもしれません

ちなみに僕は、タイで乗ったっきりタクシーは利用していません

メトロ

料金 カード発行代(2Dh)
   4Dh〜
※チャージ式のカード購入が必要

UAEの中で電車(メトロ)があるのはドバイだけです
路線は2つあり、レッドラインとグリーンラインの二つ

レッドラインは、空港からブルジュハリファを通りパームジュメイラのあたりまで南北を結ぶ
グリーンラインは、空港を囲うようにして通る

基本的に普通に観光するだけなら、レッドラインだけで事足ります

詳しい乗り方については、後日紹介します

バス

ドバイ内を走る路線バスにあっては、メトロと同じくチャージ式のカードを買って利用する必要があります
メトロと比べるといろんなところを通っているので便利かもしれません

なお、ドバイ – アブダビ 間の移動にあっては長距離バスが出ています
こちらも同じくチャージ式のカードを購入しておくことが必要です

ドバイ – アブダビ 間の長距離バス
 料金 25Dh(別途カード発行代)

ホテル・ゲストハウス

ホテルにあってはリゾート地ということから五つ星ホテルがあったりと困ることはないでしょう

問題は、バックパッカーにとっての家となるゲストハウス
2000円/日程度で泊まることができる宿はありますが、清潔さやサービスが欠けていることもあります
僕の場合は見事に大外れ

安さと場所で選んだドミトリーは、アパートの一室にベットを並べただけの簡易型で、中は薄暗く汚かったです
こんな宿ばかりではないと思いますが、皆さんも探す時には注意してください

参考までに僕の泊まったドミトリーがこちら

UAEの人たち

UAEに暮らす人々のうち、90%以上の人がイスラム教
イスラム教徒の人々は1日に5回(もしくは3回)お祈りをします
街を歩いていたり、ショッピングモールで買い物などをしているとお祈りをしている人をよく見かけます

空港やショッピングモールなどの公共施設にはトイレなどと併設されて、お祈りをする場所 ”Play room” が設けられていることが多いので注意しましょう

そしてイスラム教の国を訪れる際、注意しておきたいことが一点
ラマダン」の時期をできるだけ避けた方がいいでしょう
ラマダンとは、ある1ヶ月間、日が登ってから日が沈むまでの間断食をする行事

この期間中はレストランなどの飲食店が休んでいたりすることが多いようなので注意が必要

酒・タバコについては、酒は基本的に売られていません
レストランで飲むか、個人的に飲みたい場合には入国時に免税店で購入しておくことをお勧めします
タバコについては、吸う人がめっちゃ多い

カメラを向けるとキメ顔をしてくれるアラブ人たち
ただ、厳格なイスラム教信者もいるため特に女性にカメラを向けたりするのは気をつけましょう

そして国を上げてサッカーの強化をしているUAE
路上や空き地では子供だけでなく、大人が無邪気にサッカーをしている様子が伺えます
サッカーの他には競馬なども有名です

まとめ

いかがでしたか
UAEを想像するとお金持ちで物価の高いイメージだったと思いますが、スーパーなどでの買い物や故郷交通機関など、基本的には日本よりも物価は安いです

イスラム教の人が多いので、肌の露出やイスラムのルールなどには注意して近未来な観光大国のUAEを楽しんでください

以上、【5カ国目】UAEアラブ首長国連邦ってどんな国?でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました