やっぱり飛行機?タイ国内の移動手段|それぞれのメリットとデメリット

タイ

こんにちは!SHOTAです!
今回はバンコクからプーケットまでの移動手段について紹介して行きます
移動手段に時間を求めるのか、安さを求めるのか、結構大切ですよね
バンコクからプーケットまでだけではなく、タイ国内を移動する際の参考にしてください

プロフィールはこちらです

1 飛行機

まず最初に候補として上がるのが、飛行機

  • メリット
    最大の利点はやはり時間
    80分ほどでバンコクから移動することができ、限られた時間の中で旅をするには利用したいところ
  • デメリット
    料金面で他の交通機関と比べると高くなってしまいがち
    バンコクには、ドンムアン空港とスワンナプーム空港の2つがあるので行き間違えに注意

LCCの最安航空券をスカイスキャナーで調べてみた結果、最安2220円のチケットがありました(2020.7 現在)
時期によっても値段は変動するので、予定が決まっていれば早めに予約しておくことがお勧めです
プーケットだけでなく、タイ国内の各地方には飛行機での移動は時短で利用もしやすいです

2 長距離バス

続いて、バックパッカー御用達の長距離バス

  • メリット
    なんといっても、料金の安さ
    夜行バスだと、寝ている間に着くので使いようによっては時間の無駄がない
  • デメリット
    移動の時間が長い
    まる半日はかかってしまいます

長距離バスの料金をhttps://12go.asia/jpで調べてみると、最安値2450円
時間は13時間

あれ?飛行機は80分で2220円!?
飛行機の方がいいじゃんって僕もなりました(笑)
今はコロナのせいで航空券が安くなっているだけかもしれません

そして、バンコクには長距離バスの乗り場が、北のモーチット、東のエカマイ、南のサイタイマイの3つあります
プーケットへ向かうには、南のサイタイマイからバスが出ています

3 鉄道(+バス)

最後に候補として上がるのが、鉄道

  • メリット
    外の景観を楽しめる?
  • デメリット
    時間がかかる
    料金が高い

今後の発展でプーケットまでの直通列車なんかができれば変わるかもしれませんが、今のところバンコクからプーケットまで列車で行こうと思えば、スラートタニまで行き、そこからバスに乗らなければいけません
めちゃくちゃ面倒な上に列車だけでも2700円ほど

ただ、途中の駅で降りてローカルスポットを散策とかしてみたい人はおすすめかもしれません
スラートタニからは、プーケットと同じく観光スポットのサムイ島へのフェリーも出ているので使ってみてもいいのでは?

いかがでしょうか
みなさんはどの移動手段を選びますか?
これだけの情報だとあまり参考になりませんね

と言うことで、僕は長距離バス(夜行)でプーケットまで行ったので、長距離バスについて、さらに踏み込んだところまで解説して行きます

長距離バスの詳細

上記でも紹介した通りバンコクには長距離バスの乗り場が3つあり、プーケットへ向かうバスは南バスターミナルの”サイタイマイ”から出ています
サイタイマイバスステーションの位置の詳細地図を貼っておきます

バンコク市内から結構離れています
カオサンロード直近のバス停からだと、556番のバスで60分ほどで着くことができます(ローカルバス)
ローカルバスの料金は前回の記事でも軽く紹介した通り、8バーツ〜25バーツほどです

ローカルバスのバス停で困った時は、南バスステーションではなく、「サイタイマイ」へ行きたいことを伝えれば分かってくれやすかったです

到着すればチケットの購入です
この南バスステーションは、大型のショッピングモールと繋がっています
プーケットへのチケットはショッピングモールの3階にあります
チケットカウンターがたくさん並んでいるうちの一つに、Phuketと書かれたカウンターがあるのでそこへ行きましょう
間違えても◯番のカウンターだよと教えてくれるので心配入りません

チケットを貰えばゲートへ向かい、ゲートにいるおじさん(多分、軍か警察)にチケットを見せましょう
あとは、カウンターで教えてくれた出発時間に余裕を持って、プラットフォームの番号のところに行けば、バスへ乗り込んで寝ているうちにプーケットへ到着です!
簡単ですね

画像がないのでイメージがつきにくいと思いますので、タイ国政府観光庁日本事務所(https://www.thailandtravel.or.jp/southern-bus-station/)を参考にしてください

到着したら・・・

プーケットにはバスステーションが2つあり、長距離バスバスステーション2の方へ停まります
バスステーション1に止まることもあるみたいなので、乗る前に到着場所の確認をしておきましょう

ここからプーケット内を移動する手段は、主にソンテウと言う乗合バスを使います
プーケットのソンテウは、ピンクとブルーの2種類あり名前の通りピンク色と青色でわかりやすいです

ソンテウはタクシーと違って乗合なので料金が50バーツほどと安くとても便利です
注意点としては、
 乗合のため、満員にならないと出発しないことがあります
 日本のタクシーのように手を上げないと止まってくれないことがあります

まとめ

タイの国内の移動手段を紹介しましたが、みなさんはどれを選びますか?
僕としては、移動だけを目的としていれば、飛行機か長距離バス(夜行)がおすすめです
夜行バスは、1泊分の宿泊代を浮かすことができるので、できるだけ出費を抑えたい人は夜行バスが最もおすすめです

旅の経路も楽しみたいって人には、列車での移動もありです
特に、スラートタニからはサムイ島やフルムーンパーティーで有名なパンガン島へのフェリーも出ているので寄り道がてら、列車を使ってみてもいいかもしれません

ということで、今日も見にきてくれた皆さん、ありがとうございました!
シェアしてもらえると嬉しいです!
次回は、アートの街?ヨーロッパの雰囲気 プーケットのオールドタウン について投稿しようと思います!
また次回もお楽しみに〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました