【マーブルマウンテン】洞窟へ差し込む幻想的な光

ベトナム

こんにちは!SHOTAです!
世界一周第1ヵ国目、ベトナムで最初に訪れたのは

”Marble Mountain(五行山)”

有名な物語、西遊記の登場人物”孫悟空”が物語の最初で閉じ込められていた岩山
洞窟内に差し込む光が幻想的なことで知られています
アクセス方法やどんな場所だったのか紹介して行きます

プロフィールの方もよろしくお願いします!

ダナン空港から中心街までの移動

ダナン空港

ダナン空港は比較的小さな空港で、中心街が近いこともあり、空港と市街地をつなぐシャトルバスがありません
近いといっても市内の中心部に流れるハン川までは、2.5キロほどあるので歩くにしては微妙な距離

交通手段としては以下の3つです

1 タクシー

 料金 〜100,000ドン(約500円)
    ※1ドン≒0.005円

 空港の外に出るとロータリーのところにタクシーがたくさん並んでいます
 物価も安く、距離があるわけではないので料金が高くつくことはないと思います

 一つ注意点は、ぼったくりタクシーが多いこと
 空港に到着した旅行者をターゲットにして、タクシー運転手が群がってきます
 全てのタクシーがぼったくってくるわけではないと思いますが、空港を出た瞬間に話しかけてくるタクシー運転手には注意をしておいた方が良さそうです

 白色の車体に赤と緑のラインが入っている”VINSUNタクシー緑色の車体の”MAILINHタクシーはきちんとしたタクシー会社みたいです
 ロゴのシールを貼り付けている一般車などもありますが、”白タク”です
 上の二つのタクシーは、運転手や誘導員の制服があり、車内や車体に車体番号が振られているので、偽物と見分けるのに参考としてください

2 Grab

Grab Superapp

Grab Superapp

Grab.com無料posted withアプリーチ

 料金 〜90,000ドン(約450円)

 Grabとは、日本でいうDiDiやUberといった配車サービスのことです
 日本ではタクシーに限られますが、一般の車両が目的地まで送り届けてくれます

 それってタクシーと一緒じゃん、ぼったくられないの?
 と心配になるかもしれませんが、完全アプリ決済なのでアプリにクレジットを登録しておけば財布を出すこともなく、ぼったくられることもありません
 そのため、タクシーよりかは安心して利用できると思います

 注意点は、ネット環境があることです
 ポケットWi-Fiなどがなければ呼ぶことができないので、利用することができません
 利用しようと考えている方は、Wi-Fiを持参することが必須になります

3 徒歩

 料金 無料

 料金は書く必要はありませんね
 タクシーのぼったくりが心配、Wi-Fiも持っていないという方は、歩くしかありません

 中心街までの道は簡単です

 空港前の大通りをただひたすら真っ直ぐ突き進むだけ
 Googleマップを見ているとローカルバスがあるみたい

僕は当然、徒歩。
たった500円くらいケチるなよと言いたいですが、何事も積み重ねです
できるだけ出費を抑える手段を選びました

ダナン市内からマーブルマウンテンまで

ダナン中心街からマーブルマウンテンまでは約9キロあり、移動手段は主に3つあります

1 タクシー

 料金 〜200,000ドン(約1000円)

 タクシーについては上記の通りです

2 バイクタクシー

 料金 100,000ドン(約500円)
    ※交渉あり

 ベトナムはバイクがとても多く、車よりもバイクがメジャー
 といってもどれがバイタクなのか判別がしにくいので、バイタクの特徴を挙げると
 ・ヘルメットを2つ積んでいる
 ・暇そうにしているおじさん
 2つ目は偏見かもしれませんが、だいたいこんな感じで、目が合えば「タクシー?」と聞いてくることが多いです

 渋滞が多い場所ではすり抜けることができるので、急いでいる人にはおすすめ

 注意点は、明確な料金設定がないこと
 バイタクは個人で運営していることから、料金は言い値で決まります
 そのため、料金の交渉が必要になってきます
 さらにチップを求められたり、ホテルやお土産屋さんに勝手に連れて行かれることもあり、トラブルことも少なくはない

 利用するときは、乗る前に料金を決め、前払いではなく、到着してから支払いましょう
 うまいこと活用すれば、タクシーよりも断然安い料金、短い時間で移動することができます

3 ローカルバス

 料金 30,000ドン(約150円)

 市内からマーブルマウンテンまでのローカルバスは、ロン橋付近から出ています
 乗り換えもなく、1本でいくことができます

 日本のように待っているだけでは止まってくれないので、目的のバスが近づいてくれば、手を上げて乗ることをアピールする必要があります

僕は最初、ローカルバスを使ってマーブルマウンテンまで行くつもりでしたが、待てど暮らせどバスが来ない
バス停を間違えたかなとウロウロしていたところ、バイタクのおっちゃんが話しかけてきたので料金交渉をした結果、上記の値段になりました
少し急いでいたので利用しましたが、いいおっちゃんで、バイクの風も気持ちよかったです

マーブルマウンテン

それでは本題の”マーブルマウンテン”
西遊記の始まりの舞台であり、地元の人たちのパワースポットでもあります
岩山自体が大理石でできていることからマーブルマウンテンと呼ばれるようになりました
太陽が真上に登る正午頃になると、洞窟の天井部分の隙間から差し込む光の筋がとても幻想的なことでも有名です

 入山料 40,000ドン(約200円)
 所要時間 1時間〜2時間ほど

入山料を支払い入るとまず見えてくるのが、急勾配の階段
かなり急なので、歩きやすい格好をして行きましょう
エレベーター(片道15,000ドン)もあるようです
水分は事前に買っていくことがベストですが、入山してからでも購入できます

階段を上がっていった先には、ベトナム最後の王朝”グエン王朝”時代の建造物が立ち並びます
緑の中に立ち並ぶカラフルな建物は写真映え

お釈迦様や仏像の多くが大理石でできていて、パワースポットなだけあります

途中に展望台があり、ダナンの街や海を一望することができます
かなり急な上り道なので、ちょっと休憩がてら景色を見てゆっくりするのもいいですね

そして一番の目的である洞窟に差し込む光
洞窟内は薄暗く、狭い道が続きます
しかし、その先に広がる洞窟とそこへ差し込む光の筋は、なんとも神秘的で、神々しいものです

今回載せている洞窟以外にもいくつかの洞窟が点在し、このような光の筋が見ることできるところもあります
この天井の穴は、ベトナム戦争時代に投下された爆弾によってできたものです
正午頃の太陽が一番高く上がる時間帯を目指していけば、一番綺麗な光の筋が見ることができます

いかがでしたか、ダナンへ来ればこの神秘的な景色を見て癒されたいですね
ダナンはリゾート地として有名な観光スポットですが、フエやホイアンが近く、歴史や文化に触れることができる街でもあります
リゾート地で癒されたいし、歴史や文化に興味があるという方は是非、ベトナムのダナンを訪れてみてはどうでしょうか

ということで、記事を読んでくれた皆さん、ありがとうございました!
SNSでシェアしてもらえるとすごく嬉しいです
また次回をお楽しみに〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました