【クレジットカード】どれがいいの?20種類徹底比較

旅情報

こんにちは!SHOTAです!

今日は旅の必須アイテム ” クレジットカード ” について

自動付帯?利用付帯?ポイントも貯めたいし・・・

結局どれを選べばいいのか、僕自身も結構悩みました

この記事を参考に自分にあったクレジットカードを選んでみてください!

僕のプロフィールはこちらです

ポイント

まずは、クレジットカードを選ぶ際に気になるポイントについて

1 年会費

 年会費は、できるだけ抑えたいところ

 カードによって無料のものもあれば、年会費がかかるものもあり、条件をクリアすることで無料になるものもあります

 できるだけ無料でスペックのいいものにしたいところです

2 ポイント

 カードを選ぶ上でポイントは重要です

 旅に行くときだけでなく、普段カードを使うときにどれだけポイントを貯めることができるかも気になるところです

 上手に使えばポイントで大きな還元を得ることもできます

3 旅行保険

 海外へ行く際には色々不安なこともあります

 途中で体調不良になったり、事故に巻き込まれたりすることもなくはないです

 そのための保険として、カードを持っているだけで保険が適用(自動付帯)されるのか、出国前や旅行先で利用しないと適用(利用付帯)されないのかに注意する必要があります

 どれだけ保証されるかも事前にチェックしておかなければなりません

4 カードブランド

 カードのブランドについては好みです

 ただ、一つのブランドしか持っていなければ、そのカードが使えない時に困るので複数のブランドを持っていれば安心できます

 少なくとも2種類のカードは持っていたいところです

 大手ブランド VISA・Master・American Express・JCB・Diners Club

 その他 銀聯・ディスカバーカード

 などがあり、最もシェア率が高いのはVISAになっています

5 その他

 他にカードを選ぶ基準として、

 ・マイレージ  ・空港ラウンジ  ・ポイントの制度

 などがあります

自分にあったカードを選ぶためには、これだけは抑えておきたいというポイントを明確にしておく必要がありそうです

カードの紹介

先程のポイントを踏まえて、実際にどのようなカードがあるのか見ていきましょう

かなり見にくかったので、PDFにして貼り付けました
簡単ではありますが20種類のクレジットカードについてまとめています

クレジットカードを作るには18歳以上(高校生以上)であることが条件です

中には学生専用のものであったり、大人専用のものもあります

無料のカードを攻めるなら
 楽天・エポス・学生専用ライフカード・JCB W・三井住友ナンバーレス など
がおすすめです

クレジットカードの保険の内容がちょっと見にくいので補足をすると

傷害死亡・後遺障害は、死亡・後遺症が残った時の補償
傷害治療は、怪我をした時の治療
疾病治療は、病気にかかった時の治療
賠償責任は、事故で物を壊してしまった時の補償
救護者は、怪我や事故による家族の渡航費
携行品は、持ち物が壊れた時の補償

という感じで、おすすめは
 楽天プレミアム・三井住友ゴールド・JCBゴールド など
※付帯条件はその他のところに記載しています

マイルを貯めたい方は
 JCBグループやセゾングループがマイルへの還元率が高いのでおすすめです

最後に

ということでクレジットカードといってもそれぞれに特徴があり、選ぶ時には悩むと思いますが、ここは譲れない部分を基礎にして選んでみてはどうでしょうか

ちなみに僕は、”楽天カード”(Master) と “エポスカード”(VISA) の2枚です

VISAとMasterの2種類があれば困ることはありませんでした

両方とも無料ですし、楽天カードは普段使いもできて、ポイントもがっぽり稼げますからね!

エポスカードにあってはゴールドカードに無料でランクアップしました
カードのランクが上がると嬉しいものですね

楽天で残念なのが最近多い改悪です
旅行保険が利用付帯であることに加え、適用条件がツアーなどの決済時に利用の時に限られたことです

ツアーを利用しない方にとては、保険が適用されないので注意してください

ということで、今回は旅の必須アイテムであるクレジットカードについてでした

クレジットの内容が改正されれば記事の更新をしていきますが、気づいていないこともありますのでコメントなどで教えてください

今日もありがとうございました〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました