【インド】ゆっくりと時間の流れる「黄金の街ジャイサルメール」

インド

こんにちは!SHOTAです!
今回は、インドの西の果て、黄金の街 ”ジャイサルメール”
ゆっくりと流れる時間、美しい夕日、穏やかな人々
インドで一番好きな街、ジャイサルメールの魅力を紹介していきます

僕のプロフィールはこちらです

ジャイサルメールってどんなところ?

北インドの最西端のジャイサルメール(Jaisalmer)は、隣国パキスタンとの国境に位置し、タール砂漠のど真ん中のオアシス都市として発展していきました

街の建造物は、砂岩で作られたものが多く残っており、夕日が沈む頃になると街が黄金に輝くことから「黄金の街」と呼ばれるようになりました

気候に関しては、年間の平均最高気温は32度を超えるのに対し、平均最低気温は13度程と昼夜の気温差が大きい、砂漠地帯特有の気候となっています
4月から6月にかけて最高気温は40度超、最低気温は約25度
12月から2月にかけては、最高気温約24度、最低気温は7度まで下がることも

デリーからのアクセス

デリーからジャイサルメールまでの行き方は、飛行機・電車・飛行機or電車+バスが主な手段です
バスを使う方法は、時間もお金もかかるメリットのあまりない手段なので割愛します
時間をかけたくない人は、飛行機
お金をかけたくない人は、電車を見て下さい

飛行機

料金 7454円(最安)
時間 5時間15分(最短)
※R3/ 9/30 現在 「skyscanner」から

現在のところ「skyscanner」で調べてみたところ、直通便は無く、最低でも1回の乗継ぎが必要となるよう
乗り継ぎ回数やタイミングによっては、フライト時間が15時間を超えるものもあるので要注意

ジャイサルメール空港は、市街地から10キロほど離れていることからタクシーの利用、もしくは宿泊先の出迎えが必要になります

料金は、少しかかってしまいますが、時間をかけたくない人にはおすすめ

電車

料金 425ルピー≒640円(寝台列車の最安)
時間 13時間40分(最短)
※R3/ 9/30 現在 「ixigo」から

以前紹介した「ixigo」というインドの電車旅をする上で必須のアプリで調べてみました
「ixigo」に関する情報やチケットの取得方法はこちらの記事を参考に!
【インド】電車のチケット購入前に知っておくこと
【インド】旅人必見!電車のチケット取り方から乗車まで

最短時間最安の電車がこちら

出発駅は、ニューデリー駅ではなく、オールドデリー駅
デリーからジャイサルメールへ行く電車は、全てオールドデリーからの発車でした

電車番号は「12371」、電車名は「Hwh Jsm Exp」
10時10分発の23時50分到着予定です

最安値の「SL」は、スリーピング車両の最もランクの低いものです

大抵の場合、遅れて時間がかかることが多いインドの電車ですが、640円で行けることを考えるとやっぱり電車を選んでしまいますよね
そして電車のいいところをもう一つあげると、夜の寝台列車にすればホテル代もかけることなく、一泊の宿泊代を浮かせられること

お金をかけたくない人は、絶対に電車で行くべきです

オールドデリー駅

ジャイサルメール駅

ジャイサルメールへ来たらこれをしよう!

アートすぎる砂岩の建造物

最初に紹介したようにジャイサルメールといえば、黄金に輝く砂岩でできた街
その街を成形する一つ一つの建造物は、職人たちの手彫り

ジャイサルメールのランドマークである「ジャイサルメール城」だけでなく周囲の建物全てに繊細な彫刻がされており、ディズニーのアラジンに出てくるような雰囲気

ジャイサルメールの建築技術は本当に素晴らしいものばかりです

夕日を見よう!

ジャイサルメールの街が黄金に輝く夕方
オレンジ色の太陽の光が、町中の黄色い砂岩の建物を輝かせます

宿泊先のホテルの屋上で見るもよし、ジャイサルメール城の城壁から見るもよし
どこから見ても美しいサンセットと黄金の街を見ることができます

夕日を眺めながら、ゆっくりと流れる時間を味わってみてはどうでしょうか

砂漠で一泊!?

砂漠のど真ん中にあるからこそできるキャメルサファリ
ジャイサルメールの街から少し離れた村 ”クーリ村”
そこからラクダに乗り、砂漠のど真ん中で野宿

砂漠でのサンセット、星空、朝日は格別
大自然の中での一泊は、インド旅の思い出に残ること間違いなし!

ジャイサルメールでツアーを組むこともできます

まとめ

いかがでしたか
インドの喧騒から離れた西の果て、砂漠の中に佇むオアシス都市”ジャイサルメール”
夕焼けの光で輝く街は、まさに黄金の街”ゴールデンシティ”の名にふさわしいものです

ジャイサルメールの人は優しく、シャイな人が多く、とても居心地も良い街でした
皆さんもぜひ、インドを訪れた際にはジャイサルメールでゆっくりと夕日を眺めながら過ごしてみてはいかがでしょうか

以上、ゆっくりと時間の流れる「黄金の街ジャイサルメール」でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました