【4ヵ国目】インドってどんな国?世界一ウザイ国?旅情報を網羅!

インド

こんにちは!SHOTAです!
今回は、心を折られる旅人も少なくはない強敵 ”インド” へついに上陸
インドでいい噂はなかなか聞かなかったので、かなりビビっていましたが実際行ってみてどうだったのか、感想を踏まえインドに関する情報を紹介していきます

僕のプロフィールはこちらです

インドってどんな国?

インドは広い

インドは南アジアに位置し、世界第7位の国土面積で、東西南北全てを巡ろうと思えば1ヶ月は欲しいところです
僕の場合、12日間で首都のデリー、アーグラ、ジャイプル、ジョードプル、ジャイサルメールのインド西部しか周ることが出来ませんでした
北は中国やネパールの国境近くのラダック地方、東は紅茶の有名なアッサム地方など、南はチェンナイのビーチリゾートなど、西はパキスタン国境付近の砂漠地帯などとても大きな国で、地方ごとに気候が大きく変わります

大量の人

インドの人口は、約13億5千万人で、中国に次ぐ世界第2位
地方の田舎の方はそうでもありませんが、デリーなどの大都市では人が多すぎて道を進むことが出来ないことも

インドの人の特徴

  • 時間にルーズ
    時間を守るという概念がそもそもない
    電車の遅延は当たり前
    旅で電車を使う人は、遅れることもプランに入れておいたほうがいい
  • 嘘つき
    平気である事無い事を言う
    道を尋ねると、必ず答えていれるインド人ですが、自分もわからないのに多分あっちだよ的なノリでかなり適当
    わからない・NOということをインドの人たちは言いたがらない
    親切心で答えてくれているみたいですが、中には騙そうと近づいてくる人もいるので注意
    ポイントとしては、一人のことを信じ切るのではなく、何人かに同じ質問をしてみると正しい答えに辿り着きやすいです
  • 距離が近い
    インドの男性は、男性同士でも手を繋ぎます
    これは同性愛ではなく(その場合もあるが)、親しい友人同士でも普通に手を繋ぎ、街中でもよく見かけます
    なので距離が近いからと警戒しすぎず、そういう国民性であることを理解しておきましょう
    本物の同性愛者スリなどには注意しましょう
  • 欲に正直
    金をくれ、飯をくれ、とてもストレートに要求してきます
    〜してあげたから金をくれと言われてもスルーでいいです
    物乞いの人も多く、金をくれ、飯をくれとついてくる子供たちがいますが、一人にあげると続々と出てくるのでやめておいた方が良いです
    子供にあげてもそれはその子たちの親に回収されてしまいます
  • 悪いことだけじゃない!
    悪い点を並べておいてなんなんですが、良いところもあります
    親切でフレンドリーな人が多く、すぐに仲良くなることが出来ます
    カメラを片手に歩いていれば、写真を撮ってくれと言ってきたりするので撮ってあげると喜びます
    おおらかで、宗教や習慣が異なる人でも受け入れる多様性があるので、是非コミュニケーションを取ってみてください

その他の情報

  • 環境
    インドの街中の空気は非常に汚いです
    特に、毎年10月末頃に行われるディワリ祭では爆竹や花火を多量に打ち上げ、大気が汚染されています
    マスクをつけて街に2時間ほどで歩いただけで、空気を吸った後の汚れがマスクに付いていることを確認できるほどです
  • ゴミ
    街中にはゴミ箱はありません
    インドではいまだにカースト制度が根強く残っており、カースト下層部の掃除をする人・ゴミを収集する人の仕事のために、ポイ捨てが習慣となっています
    街中にはゴミが一箇所に集められている場所があり、非常に匂います

  • 上のように、インドの環境は良いと言えません
    飲水は、ボトルウォーターを飲むようにしましょう
  • トイレ
    ティッシュはありません
    トイレットペーパーは携帯しておきましょう
  • アルコール
    インドでアルコールを手に入れることが難しいです
    宗教的に飲酒をよくしていないため、アルコールの販売が少ないです
    出入国の際に免税店で買っておくのも良いでしょう
  • 治安
    治安は基本的には問題はないでしょう
    ただ、詐欺は多いです
    旅行代理店がらみや複数人で騙してきます
    少しでも怪しいと感じれば、早いうちに離れましょう
  • 野良牛
    街中には牛がいます
    インドでは牛は神聖な生き物とされています
    牛以外にも、犬もいるので狂犬病などに注意です

アクセスとお金

アクセス

日本からの直行便があるのは、首都デリーと南部のムンバイ
直行便だと9時間ほど〜




お金

インドの通貨は、ルピー(1ルピー ≒ 1.5円) 2021年8月現在

両替ができるのは、空港ホテルやゲストハウス街中の両替所です
空港はレートが悪いので、空港での両替は最低限に抑え、ホテルやゲストハウス、街中の両替所で行うのがお勧めです
宿泊施設での両替は、ホテルなどよりもゲストハウスなどの安宿の方がレートが良い傾向にありますが、必ずしも宿泊施設で両替ができるわけではないため確認はしておきましょう

両替時の注意点は、破れている紙幣は受け取らないようにしましょう
破れた紙幣は使えないことが多いです(受け取ってもらえない)
両替した金額が、間違えないのかも受け取った時点で確認しておきましょう

大きすぎる紙幣も受け取ってもらえないことが多いので、崩して使うようにし、使い切るようにしましょう
インドルピーは、国外持ち出し不可です

交通情報

鉄道

インドは鉄道大国です
インド全土に鉄道が張り巡らされていることから、旅には重宝します
乗車席にはランクがあり、ほぼタダで乗車できる車両からクーラー付きの寝台車まで様々です
よくテレビで見る満員電車は、一番最下層のランクでほぼタダで乗れる車両です

デリーなど地下鉄の通っている都市もあります

バス

インド国内には、長距離バスもあります
しかし、インドの道路交通はかなり最悪なものなのでお勧めしません

車同士の車間距離はビタ詰め、車線はあってないもの、逆走あり、クラクションは鳴り止まない
歩行者優先?譲り合い?・・・自分優先って感じです
特に首都圏などの大都市は、ローカルバスやタクシーを使うより歩いた方が早い時も

タクシー

インドでは、日本でもお馴染みUber(配車アプリ)が使えます
空港などからの移動で役立つことも

Uber

Uber

Uber Technologies, Inc.posted withアプリーチ

リキシャ

別名 トゥクトゥク
リキシャには2種類あり、自転車タイプ(サイクルリキシャ)のものと三輪自動車タイプ(オートリキシャ)のもがあります
オートリキシャは、緑と黄色でインドといえばの乗り物

料金は言値のため交渉次第で安くなるが、トラブルも多いので注意が必要
料金目安は、20ルピー/キロ




いかがでしょうか
インドがどんな国か少しは想像つきましたか?
ほんとにインドは、一言では言い表せない国で、自分の価値観を全て覆してくれます(いい意味でも悪い意味でも(笑))

インドでは大変なことがいろいろありましたが、それも含め後日紹介していきます
いろんな噂があったインドですが、今となっては、またインドに行きたい自分もいます
太陽が綺麗で、良い人も悪い人も、裕福な人も貧しい人も、ただで飯が食える
そんなインドは、きっとあなたの考えを変えてくれるでしょう

以上、インドの紹介と旅情報でした

コメント

タイトルとURLをコピーしました