【フォトジェニック】ランタンの街ホイアン|オリジナル観光マップ

ベトナム

こんにちは!SHOTAです!
今回は

   ランタンの街ベトナムの古都 ”ホイアン” 散策編

ということでよろしくお願いします!

プロフィールの方もよろしくお願いします!

ホイアンへのアクセス

ホイアンへのアクセス方法はいくつかありますが、最最寄りの空港は”ダナン空港”になります
前の記事でも紹介した通り、ダナン空港からの交通機関は、
・タクシー
・Glab
・徒歩
の3つが主要になります

詳細については以下の記事を参考にしてください

とは言え、徒歩でダナン空港からホイアンへ行くには無理がありすぎるので、もし、空港からタクシーを使いたくないというのであれば、ダナン中心街まで徒歩で出た後、ローカルバスやバイタクを使うことになります

ローカルバスやバイタクについても上の記事で書いているので、気になった方はどうぞ

ダナン空港からホイアンまでは、約30キロほどあり、タクシーだと40〜50分ほどかかります

空港からのアクセス以外には、ハノイやホーチミンから長距離バスがあります
ホイアンのバスステーションの場所は以下に貼っておきます
長距離バスについては、この後の記事を参考にしてください

観光マップ

ざっくりとですが、ホイアンの観光マップを作ってみました
ホイアンはランタンの街都市と有名ですが、近くにはビーチもありリゾート気分を味わうこともできます
さらに、ミーソン遺跡や同じく古都のフエにも日帰りで行くことができることも魅力の一つです

旧市街地エリア

旧市街地エリアには歴史的建造物が多く立ち並び、古民家を改装したおしゃれなカフェやレストランが並んでいます
黄色を基調とした建物も多く、さまざまな文化が混合した街並みを体感することができます
夜になると、町中に吊るされていたランタンがライトアップされ、とても幻想的な風景が広がります

歴史的建造物の中でもホイアンのシンボルである”来遠橋(日本橋)”は、日本との貿易が盛んだった時期に作られたものであり、ベトナムの20,000ドン紙幣に印刷されています

その他にも寺院や博物館もあり、ホイアンの歴史に触れることができます

エリアへ入るのには料金はかかりませんが、遺産として残されている建造物に入るのには料金がかかります
ちなみに、僕は中には入らずに外から眺めているだけでしたが、十分街の雰囲気を楽しむことができました

街中には、カフェやレストランがあり、料金は比較的高めで観光客料金となりますが、ホイアンの3大料理を楽しみたい方には必見です
・カオラウ
・ホワイトローズ
・揚げワンタン

 カオラウは、米粉で作られた麺料理で、醤油ベースのタレと揚げチャーシューが特徴的
 伊勢うどんが起源とも言われています
 ホワイトローズは、薄いワンタンにエビのすり身を包んだものが代表的
 ヌックマムという魚醤につけて食します
 この写真にはありませんが、揚げワンタンはその名の通り揚げたワンタン
 エビや豚のすり身が入っており、ちょっとしたおつまみにもってこい

その他にも旧市街地エリアには、ホイアン市場や美味しいバインミー屋さんがあるのでブラブラと散策してみるといいと思います

ホイアン市場 (午前中がおすすめ)

おすすめのバインミー屋さん

ナイトマーケット

ホイアンの街は夜になると町中がライトアップされ、その中でも特に、トゥボン川付近が観光客で賑わいます
トゥボン川では、川沿いの灯籠売りから灯籠を購入して、川へ流すこともでき、1つ10,000ドン(50円)ほど
さらに船に乗って夜景を楽しむこともでき、ロマンチックな夜を過ごすことができます

そして、マーケットとして一番の盛り上がりのある場所は、来遠橋付近のトゥボン川をまたぐ橋を渡った先です
パブやマッサージ店が並び、メインの通りにはたくさんの露店が並びます
中でもランタンを売る露店は、たくさんのカラフルなランタンが並び、とても綺麗でした

小さいサイズのランタンもあるので、お土産に一つ買っていくのもいいのではないでしょうか

宿泊エリア

宿泊エリアは、上の観光マップの部分だけではありませんが、紹介したエリアは旧市街地から近く、安宿も多く並んでいることから、バックパッカーなどの旅人にはおすすめです
さらに、ベトナムの長距離移動の要になるシンツーリストもこのエリアにあり、バスステーションも近いので、尚更おすすめです

Booking.com : ホテル ホイアン . 今すぐホテル予約!

ちなみに僕の泊まったゲストハウスはこちらで、料金も安く、朝食付きでした
自転車やバイクをレンタルすることができ、少し離れた海岸沿いのビーチに簡単に行くことができました

※2021年現在、コロナの影響により休業中?

ミーソン遺跡やフエには、日帰りで行くことが可能ですが、結構な距離があるためツアーを組むことをおすすめします
ツアーは、日本の旅行代理店でも予約することができますが、街中の旅行会社(シンツーリストなど)で前日予約をすることもできます

ランタンに囲まれたフォトジェニックな風景を味わいたいという方は、ぜひホイアンの街を訪れてみてください

ということで今日もありがとうございました!
また次回をお楽しみに〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました