【ホーチミン】徒歩でも十分楽しめる!おすすめの観光スポット

ベトナム

こんにちは!SHOTAです!
今日は、ホイアンからバスで丸一日かけて、到着したホーチミンの人気観光スポットについて紹介していきます

僕のプロフィールはこちらです!

ホーチミン

ホーチミンはベトナム南部に位置し、ハノイに次ぐ第2の都市です
別名 サイゴン(Saigon) と呼ばれています
東洋と西洋の文化が混在し、とても活気にあふれた街で、僕の大好きな場所でもあります

年中気温が高く、基本的には夏服だけで過ごすことができます
バスやお店の中などは冷房がガンガンに効いてることが多いので、心配な方は一枚羽織るものがあればいいでしょう
11月〜4月は乾季、5月〜10月は雨季となっています

ホーチミンの中でも特に観光地が密集している地域が第1区になります

https://www.google.co.jp/maps/@10.7715673,106.7020524,17z?hl=ja

サイゴン大聖堂やサイゴン中央郵便局、ベンタイン市場などは全てホーチミンの第1区に位置しています
ホーチミンからは日帰りでクチトンネルやメコン側に行くこともでき、街中の観光だけでなく自然を感じることもできます

アクセス

日本からの直行便だと約9時間で行くことができます
最安値料金は現在コロナの影響で正確な情報がないことから、後日書き加えていきます

ベトナムの国内の移動手段は、格安航空会社(LCC)が安くて時短でおすすめです
ベトナム国内の移動手段は別にまとめているので、こちらを参考にしてください

おすすめの観光スポット

1 サイゴン大聖堂

サイゴン大聖堂はホーチミンで一番のランドマークと言える観光スポットとなっています
ホーチミンはフランスの植民地となっていたこともあり、東南アジアを感じさせない建物がたくさんあります
地元の人々の憩いの場ともなっており、国内外問わず多くの人で賑わっています
赤レンガの作りでインスタ映えスポットにもなっています

2 サイゴン中央郵便局

ベトナムの文化遺産に指定されており、サイゴン大聖堂と同じく、東南アジアを感じさせない作りになっています
フランスの植民地時代には重要な通信網であったそうで、現在は現地の人たちが利用する郵便局となっています
内部はアーチ状の作りが特徴的で、両サイドには世界の時刻がわかる時計が並んでいて夜になるとライトアップもあるみたいです
お土産も買うことができます

3 ベンタイン市場

ベンタイン市場はホーチミンで最も有名な市場です
現地の人だけでなく観光客にも人気で、ホーチミンに住む人々の生活感を感じることができます
市場内では食事をとることもできるだけでなく、雑貨や衣類なども売っていて、お土産として買っていくのもおすすめです
ベンタイン市場だけでなく、他にも市場がいくつかあるので市場巡りをしてみるのも面白いかもしれません

4 ベトナム戦争証跡博物館

こちらの博物館はベトナム戦争についての博物館になります
ベトナム戦争は、つい30年ほど前に資本主義と社会主義の対立により起きた戦争であり、何の罪もない一般市民が多く巻き込まれた戦争でもあります
ベトナムの歴史について知ることができ、戦争の悲惨さを物語る写真や実際に使われていた武器などが展示されています

ベトナム戦争証跡博物館についての感想の記事は別であるので、気になった方はみてみてください

5 ブイビエン通り

ブイビエン通りはバックパッカーの聖地として有名なストリートです
夜になるととても賑やかになり、パブやクラブから大音量の音楽が流れています
呑み屋も多く、バックパッカーに人気のスポットとなっています
ブイビエン通りの近くにはシンツーリストのオフィスもあります

シンツーリストの正確な店舗情報はこちらから確認してください
https://www.thesinhtourist.vn/office

この他には、統一会堂やサイゴンスカイデッキ、ドンコイ通りなども観光スポットとして有名です
この世界一周の旅では行っていなかったので、またの機会に行ってみようと思います
クチトンネルやメコン川にも行ってみたいですね

と言うことでホーチミンの人気スポットについて紹介していきました
まだまだ魅力のあるホーチミンなので、是非またいきたいと思います

次回は、ホーチミンの日本人宿「兎家」を紹介していこうと思います
今日も読んでくれた皆さん、ありがとうございました
また次回の投稿をお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました