【UAE】ドバイ観光に必須メトロ・バスの利用方法

UAE

こんにちは!SHOTAです!
今回は、ドバイを観光する上で必須になるメトロ・バスの利用方法について
空港から街までの移動や観光のための移動などメトロやバスを利用することが多いドバイ
長期滞在する方にはお得なチケットもあったりするので紹介していきます

僕のプロイールはこちら

路線図とゾーン

メトロ路線図とエリア

まずは、レトロの路線とエリアについて

ドバイ内を走るメトロは
空港から主要観光スポットを通る”レッドライン
空港やスークをめぐる”グリーンライン
パームジュメイラなどのビーチエリアを通る”トラム
の3路線があります

主に使用する路線はレッドラインで、グリーンラインとの乗り換えができる駅は「Byrjuman駅」「Union駅」の二駅
この2駅の周辺で宿をとることが出来れば移動に困ることはないのでおすすめ

そしてドバイ内は7つのエリアに分かれていて、
空港やスークのある旧市街地の「5区」
ブルジュハリファなどダウンタウンエリアの「6区」
パームジュメイラやビーチなどあるの「2区」
が主なエリアとなります

バスのルートが知りたい方はこちらから
「from」と「to」の欄に利用するバス停(地図上から選択可能)を入力し、「submit」を押せばルートや乗り換え、料金を検索することができます

ドバイの交通機関の料金システム

交通機関の利用には ”Nol Card” というカードを購入する必要があり、
レッドカード(一回券)
シルバーカード(ICカード)
ゴールドカード(1日乗り放題券)
の3種類があります

同じエリア内の移動(レッドカード:4Dh、シルバーカード:3Dh)
2エリアを跨ぐ移動(レッドカード:6Dh、シルバーカード:5Dh)
3エリアを跨ぐ移動(レッドカード:8.5Dh、シルバーカード:7.5Dh)
が主な料金システム (1 Dh ≒ 31円)

ドバイ内を走るメトロ・トラム・バスは全て同じ料金システムで、同エリア内の乗り継ぎ(例:メトロ→バス)には料金がかかりません
※30分以内の乗り継ぎに限る

この中でおすすめなのは、シルバーカード
3回以上利用する人は、レッドカードよりシルバーカードがお得

購入にあっては、券売機または窓口で購入可能
窓口が混雑時は券売機の利用を勧められることもありますが、分からないことがあれば駅員さんが教えてくれます
僕は券売機の使い方ばイマイチだったので、毎回窓口でどこに行きたいのか伝えていました

乗車時の注意事項

  • メトロ、トラム、バスいずれも現金での支払いはできない
    事前に”Nol Card”を購入しておきましょう
  • 車内は全ての飲食が禁止
    ガムを噛んだり、水を飲むだけでも罰金の対象
  • 車内での居眠り禁止
    日本では居眠りは普通ですが、ドバイでは禁止
    逆に車内での通話は問題なし
  • 車内の女性、子ども専用スペースとゴールドカード専用車両に注意
    車内には女性と子供の専用スペースとゴールドカード専用車両(メトロ、トラム)がある
    バスにあっては、バス前方の出入り口が女性専用乗車口となっているので注意
  • 料金の残高不足に注意
    ドバイでは日本のように後からチャージをしたり乗り越し精算をすることができない
    料金不足の場合、罰金の対象となるので注意
  • 手を上げて合図
    こちらはバスに限りますが、バスが近づいてきたら手を上げて乗る意思を示す
    通り過ぎていく場合もあるので注意
  • 金曜日に注意
    金曜日はイスラム教のお祈りの日となっているため、始発が10時頃
    ラマダン中は営業時間に変更があることもあるので要注意

などなど、ドバイの公共交通機関には禁止事項がかなり多い
禁止事項にはそれぞれ罰金があります
普通に乗っていれば問題はないと思いますが、日本との常識に差があることもしばしばなので、注意して利用しましょう

まとめ

メトロ2路線、トラム1路線、バスと少ない路線でわかりやすいドバイの交通機関
独特な料金システムやルールで使いにくそうな感じもしますが、利用してみるとそうでもありませんでした

そして、意外にもドバイのメトロと日本は深く関わっていて、三菱や近鉄と言った企業が開発に携わっていたりします

ということで、ドバイ観光には必須のメトロやバス
現地でのルールを守って、快適なドバイ生活を楽しんでください

以上、【UAE】ドバイ観光に必須メトロ・バスの利用方法でした

コメント

タイトルとURLをコピーしました